FC2ブログ

よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

≫ EDIT

というわけで「ルパン・エチュード」12話



やっと最新情報まで来ました(^^;)
【ルパン・エチュード】12話です。

お話の方もだいぶ佳境に入っております。
そして「カリオストロ伯爵夫人」中最大の修羅場です。

ジョジーヌと決別したルパンは、宿でのたうち回るわけですが、
原作だと自転車をめちゃくちゃに走らせてへとへとになったところで、宿のボーイに邪魔をしないよう念を押し、部屋の鍵を二重にかけ、さらに鍵は窓から捨てるという念の入れようで24時間以上寝倒します。ルパン、ふて寝するにもパワフルです(笑)

そのくせ目を覚まして落ち着くと、ジョジーヌの所に戻りたく戻りたくてという、禁断症状にさいなまれる有様は、恐ろしくリアルです。

ハーレクインロマンスのコミカライズ関係でロマンス小説なども読んでますので、「こんな関係続けちゃだめだ」といいつつずるずるひきずるというような展開はよく見かけるのですが、真に迫った描写のたたみかけで、はじめて「なるほど、これはつらそうだ」と納得しました。

そしてこれだけ七転八倒しても、ちゃんと宝探しに戻ってくるのがむしろすごいw

今回のメイン舞台タンカルヴィルの灯台、灯台というと海のイメージですが、タンカルヴィルはセーヌ川の流域です。セーヌ川、ルアーブル港からパリまで重要な水運ルートとして大小の船が往来するため、海の灯台同様、難所、要所には灯台が建てられているようです。

そして特徴的なのは、断崖絶壁城に建てられているためか、灯台と言ってすぐイメージするタワー型でなく、どちらかというと小さな教会のような形状です。

タンカルヴィルの灯台画像、「カリオストロ伯爵夫人」の舞台として紹介しているフランスのサイトも見つけたのですが、古い絵葉書で見ますと、どうも作品当時に有った灯台は取り壊されているようなのです。
現在ある灯台はタンカルヴィル橋の脇にありますが、元々の灯台、タンカルヴィル橋建設のために壊されたのかな?と言う印象です。

当時の灯台は、断崖の上に写ってる写真の絵葉書があったんですが、なにしろ超遠景なので豆粒のようにしか見えません。
比較的状態の良い画像からサン・サンソン・ド・ラ・ロックの古い灯台と似た形のようだと判断して描きました。

前回のデュクレールの洞窟と同じく、タンカルヴィルの灯台周辺描写も大変写実的なようです。

今回エリクの出番は回想のみですが、回想と言いつつコピーではありません。

何しろ、ボーマニャン、ジョジーヌ、クラリスが鉢合わせで、ルパンは首に縄がついた(物理)状態。
ド修羅場展開でストレス値最高で、逃げ場というか救いというか潤いが欲しかったのです…!

おかげで場違いにさわやかな回想エリクとなりましたが、まあ回想しているのはルパンくんなので
彼の思い出補正と言うことで…!

首に縄と言えば、原作で、縄が引っ張られた状態になると「結び目が吊り上がる」とあったので、いわゆる絞首刑的な結び目では描きませんでした。
絞首刑のあれだと「結び目が締まる」のであって吊り上がりはしないかな、と。
なので「自在結び」にしました。これなら結び目そのものは締まりません。
ちゃんと紐を結んで作画の参考にしたんですが、手は縛られてるわ、足首は縛られてるわ、さらに首に縄となると、なかなか絵面的にサマにならなくて苦労しました。(^^;)

次回もまだストラップ付いたままスタートしますが、いよいよ次回は宝の在処の謎解き回です。
ルパンのストラップは外れるのか?ルパンは宝に一番乗りできるのか?ここのパートも描きたい構図があるんだけど入るのか?エリクの出番は?

乞うご期待!待て次号!…と言いたいところですが、プリンセスGOLD掲載、1回お休みで、次は3月発売号となります(^^;)

コミックスは2月15日発売です。どちらも少しお待たせしますが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| 未分類 | 01:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今さら上等!「ルパン・エチュード」11話

OP11宣伝JPEG

というわけで【ルパン・エチュード】11話です。
先日、11月16日に配信開始されたのは12話です。
つまりひとつ前の回です(>_<)

クラリス久々の登場でした。過去形です。
11話配信は9月でしたからね(^^;)

男爵家のワンコ、シャルルですが、シャルルというのはカールのフランス語読みです。
三世の方のアニメ映画、「カリオストロの城」でクラリスが飼ってた犬がカール。
と、いうことで、シャレというかオマージュなんですが、きっと誰も気がついてくれないので自分で言っておきます(笑)

ドミニック(エリク)がクラリスの屋敷に潜り込むのは原作準拠で公式なんですが、何分細かいネタを拾っているヒマが無いのが残念(>_<)
この回、めずらしく(?)ルパンも最初から最後までまじめです。

前回からの流れでギクシャクしているジョジーヌとルパンですが、原作でもこの辺りは空気が重い感じです。

数ある「アルセーヌ・ルパン」譚の中でも恋愛要素濃厚な「カリオストロ伯爵夫人」ですが、熱烈な恋に落ちる瞬間から失望から愛憎から未練に絶望、身勝手さ、と、恋愛につきものの感情アップダウンかなりリアリティあります。

終わりを予感しているだけに燃え上がる愛とか、もうちょっとがっつり描きたかった!(こればっかり)

「カリオストロ伯爵夫人」描くならここは外せない!と言ってたのもまさにこの辺りで、
色恋に完全に流されているようで、どこか冷めた視点も持ってる。愛情と不信、ジレンマとやるせなさ、すれちがい。

「何も考えないないことにしましょう」前後の流れは絶対に描きたいポイントでした。
ここはちゃんとお互いに愛がないとつまらない!愛があるから余計にやりきれない。

正統派ヒロインはもちろんクラリスでしょうが、ジョジーヌもやっぱりヒロインだと思うわけです。

おいおい宝探しはどうなったんだよ、と、冒険譚を期待して読むと完全にのりそこなう「カリオストロ伯爵夫人」

ルブラン先生、もともと純文学畑の方なので、けっこうこういう人間ドラマ部分に持ち味が出ている気がします。
「カリオストロの復讐」などは顕著で、ミステリーとか冒険譚とかの文脈で読むと不完全燃焼の消化不良も仕方ないかと思うんですが、ヒューマンドラマとして読んでいくと、あの人間模様はかなり面白い。

話を戻して11話。

後半の舞台、デュクレールの洞窟にジョジーヌの手下がいるんですが、洞窟?と調べてみたら出てきました。
石灰の岩壁を掘って部屋をつくって、ファサード部分だけそれっぽく仕上げるようです。

http://jumieges.free.fr/troglodytes.html

これ、当時の人ならピンとくるのかな?少なくとも現代日本で文章だけだとこのイメージは出てきませんでした。

そして咲き乱れるキンレンカ。フランス語だとキャプシーヌ(カプシーヌ?)
フランスの花言葉は「燃える愛」だそうです!
19世紀、フランス花言葉の本なんかも出ててけっこう流行ったらしいので、もしかしたらルブラン先生の仕掛けかも知れません。

ちなみに11話ラストページで盛大に花びら舞っておりますが、キンレンカ、構造的に花びら散らないと思われます(^^;)
雰囲気重視の演出だと思って頂ければと!

明日は12話の予定。
やっとリアルタイムに追いつきました(^^;)

| お仕事情報 | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今さらでも!「ルパン・エチュード」10話

OP10宣伝

本日は【ルパン・エチュード】10話です。

9話ラストで「どっちが先に謎を解くか見てろ!」的な啖呵を切って独自調査を開始するルパンですが、この回、トピックスが多くて四苦八苦でした(^^;)

「七本枝の燭台の謎」とはどういう物なのか、という物語の重要なポイントをめぐるかけひきと、ジョジーヌの本性はどうなの?と言う葛藤やら盛りだくさんです。

燭台の謎、そもそも24年前がスタートといいつつ、そのいきさつに踏み込むとさらに遡ってフランス革命まで到達し、そこからさらに遡るという複雑さ。

例えるなら、昭和最後の年に託された謎が、幕末の動乱まで遡り、その発端は戦国時代から受け継がれてきた秘宝、とかそんな感じでしょうか。かえってわかりづらいか(^^;)

謎のいきさつも複雑ですが、ルパンのアップダウンは激しいわ、シリアスかと思うと悪ノリで相手をからかうわ調子に乗るわでメンタル的にも大忙しです。

場当たりと言ってもいいくらい瞬間瞬間でめまぐるしく変わる、まじめと悪ふざけ、かと思うと一気にとことんまで追求解析する集中度。
原作を読み慣れないうちはこのテンポに取っつきづらく感じていたんですが、リズムがわかってくると、そのバイタリティと回転、切り替えの早さがルパンというキャラなのだと納得します。

「カリオストロ伯爵夫人」若いルパンがテーマで描かれているので、その特徴がより顕著です。

これがポプラ社の南洋一郎版ルパンだと、貫禄と思慮深さと悪辣と言ってもいいしたたかさでとても20才とは思えません(笑)

本家ルパン、高速回転の思考と反応、脊髄反射レベルの行動力。まさにジェットコースターですが、ここまでの熱量はいろいろアレなところを差し引いても、やっぱりものすごく魅力的です。

そう言う本家のキャラクター性は大事にしたいと思って描いているので、エキセントリックな部分もちょいちょい拾ってるんですが、テイストを感じていただけたら嬉しいなあと(^^;)

この回はドミニックことエリクも、地道に(?)お仕事をしています。

3巻CMページはこの回のラストページが丸ごと使われていますが、編集さんGJ!

完全にお互い気を許してはいないけれど愛はある。
愛はあるのに、信じ切れなくて心のすべてを預けることができない。

そんな空気が表現できていたら大成功なのですがいかがでしょう?(^^;)

そしてこの次の11回、「カリオストロ伯爵夫人」を描くなら個人的にここははずせない!とこだわった箇所の多い回でもあります。

| お仕事情報 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今さらだけど!「ルパン・エチュード」9話



「ルパン・エチュード」 9話について
DekPWvEU8AAxvF0.jpg

プリンセスGOLD電子化、そして月刊化第2号に掲載されました。
「ルパン・エチュード」2巻と同時発売でした。
「カリオストロ伯爵夫人」5回目です。

遠い昔のようですね(^^;)

3巻のお知らせ後ではありますが、やはりちゃんと各回触れておこうと思います。

表紙も描かせていただきました。
DeZ-_CsVQAA64q0.jpg

がっつりトリミングで背景が消えてますので文字無し画像も。
DeZ-_CsUwAAbmgb.jpg

原作第7章「カプアの逸楽」冒頭部分。
原作によるとラブラブな時期は一ヶ月ほど続いたらしいんですがこの辺はだいぶ駆け足で通過しました(^^;)

ルパン/ラウールの幼少時代、女王の首飾り事件当時として描いていますので6歳くらい。
1874年生まれで計算すると1880年あたりになります。

このあたりの時代、男性はともかく、女性のドレスのシルエットはけっこう数年単位で変化します。

原作ルパンの物語はけっこう過去のいきさつだったり歴史だったりがからんでくるのでその都度年代と風俗を確認します。

物語的には1894年が舞台なんですが、数年前までの流行だったバッスルスタイルから、袖に特徴の有るスタイルに変わっています。

写真や当時のファッションプレートなどの資料を見ると、とにかく肩の膨らみがすごい!パフスリーブとかジゴ袖とか聞いてイメージするレベルではありません!

子どもの頃見たアニメ「赤毛のアン」で、アンが「袖の膨らんだ服が!袖の膨らんだ服が!」と言ってたなあと思いだしました。
ジョジーヌやクラリスを描いていると必ず頭の中でアンが「袖の膨らんだ服!」を連呼します(^^;)

そしてジャポニズム花盛りの世紀末フランス。
この時代を扱った映画では必ず出てくる着物ガウン!

ここで出さないでいつ出すんだ!と言うことでジョジーヌさんに羽織っていただきました。

羽織ると言えば、クラリスの部屋でも羽織っていたルパンのシャツですが、実は現代のシャツのように前が全開になるタイプは、この時期やっと現れたどうかというタイミング(^^;)
無くは無いならあってもいいか、と描きましたが、どうなんでしょう(^^;)

当たり前のようにジョジーヌの組織に潜り込んでいるエリク。あれ?と思われた方もいると思いますが、2巻のラストに1P描き足してこっそり就職していたのでした(^^;)

2巻、最初の方にこれまでのお話に頁を持って行かれたのであとがきがありませんでした。
いつもサイン本で絵を入れている、表紙をめくってすぐの白い紙。あれを後ろに持ってくればあとがき頁が取れるそうです。
そうなるとサイン、表紙の裏に絵を描く事になるんですが、はっきりいって表紙裏、描きにくいです(^^;)

まあ私の事情より、あとがきはきっと有った方が嬉しいよね?

10話についてはまた明日!(多分)

| 未分類 | 01:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ルパン・エチュード】3巻発売決定


≫ Read More

| おしらせ | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT