FC2ブログ

よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

≫ EDIT

期間限定1巻まるごと無料お試し読み

AKITA電子祭り 冬の陣 2018-2019 | 秋田書店
3月1日までの期間限定で1巻まるごと無料で読めます!
517KU-4BToL.jpg

無料お試し読みサイトをまとめました。
※半額で購入可能になっている電子書籍サイトもありますので確認してみて下さいませ

【ルパン・エチュード】1巻無料お試しは以下の通りです。
(※リスト漏れもあるかもしれません)

Kindle
LINEまんが
Renta!
シーモア
dブック
eBOOKJAPAN
BOOKLive
DMM.com

他、王都妖奇譚、浪漫狩りも各サイトで1巻無料お試し読み可能です。

これを機会に読んでいただけましたらうれしいです!

| お仕事情報 | 01:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ルパン・エチュード】3巻発売!

ルパン・エチュード3巻

2月15日、【ルパン・エチュード】3巻発売されました。
ウチのあたり(九州熊本)は来週の発売になりますが…(^^;)

Twitterではカウントダウンイラストなども描きました。
ネットプリントで2月22日まで受け取れます!(プリント代金かかりますのでご注意下さい)
ネットプリント

そして、今回たくさんの書店様でフェアなど展開していただいておりますのでまとめてみました。

◆HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE
複製原画展、ラフ画、原稿下描きラフ展示、
購入特典ペーパー、 色紙展示、 サイン本販売
日比谷コテージ

◆HMV&BOOKS
購入特典ペーパー
※実施に関しては各店舗にお問い合わせください。
今回唯一のコマ物ペーパーです。
HMV.png

◆書泉ブックタワー・書泉グランデ・芳林堂書店 関内店
複製原画展示(プレゼント企画アリ) 購入特典ペーパー
サイン本の抽選販売
2019年2月15日(金)~2019年3月14日(木)
書泉ブックタワー
書泉

◆アニメイト熊本
購入特典ペーパー、 色紙展示 サイン本販売を予定
アニメイト熊本
アニメイト

◆蔦屋書店 熊本三年坂
サイン会 色紙展示

とき:3月10日(日)受付13時30分(開始14時)終了予定16時
ところ:地下1階 カフェスペース
※ルパン・エチュード3巻を当店でご購入の方に、お買い上げのコミックにサインを進呈いたします。事前予約でもサイン会整理券配布対象となります。
ご質問は096-206-9940まで
蔦屋熊本三年坂

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
上記の書店様の他に、色紙・複製原画・POPや試し読み本を置いてくださっている書店様の一覧はこちらです。
※撮影などは各書店員さんに確認をとってからお願いします。
IMG_3518.jpg

アニメイト 札幌店
ミライア 本荘店
八重洲ブックセンター 宇都宮パセオ店
須原屋 武蔵浦和店
丸善 津田沼店
くまざわ書店八王子店 コミックランドビーワン
有隣堂 横浜駅西口 コミック王国
有隣堂 藤沢店
谷島屋 ららぽーと磐田店
谷島屋 イオンモール浜松志都呂店
星野書店 近鉄パッセ店
明文堂書店 富山新庄経堂店
HYPER BOOKS 駒井沢店
喜久屋書店 橿原店
ジュンク堂書店 大阪本店
MARUZEN&JUNKDO 梅田店
ジュンク堂書店 難波店
ブックファースト 阪急西宮ガーデンズ店
ジュンク堂書店 三宮店
喜久屋書店 倉敷店
フタバ図書 GIGA広島駅前店
メトロ書店 本店
丸善書店 天文館店 
ジュンク堂書店 那覇店

お近くの方は是非!

| お仕事情報 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2019年もよろしくお願いいたします

年賀

大変遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
フランスの年賀状は1月末までOKだそうです。
フランス式と言うことで…!
フランス語のご挨拶文は
「新しい年が幸せに満ちた年になりますように」

編集部宛に送っていただいた年賀状、ファンレターも
先日転送していただきました。送って下さった皆様ありがとうございます!
この年賀絵のお葉書をお返事代わりに送らせていただきます。

もし、今からでも欲しい!と言う方がいらっしゃいましたら
寒中見舞いでもいただけましたら同じく送らせていただきます。

編集部宛によろしくお願いいたします。

〒102-8108
東京都千代田区飯田橋2-10-8
(株)秋田書店
プリンセス・ボニータ編集部 気付
岩崎陽子 宛て

そろそろ「ルパン・エチュード」③巻発売日も近づいて参りました。
2月15日(金)発売です!予約も始まっておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

秋田書店のコミックスページから、Amazon他楽天などのサイトにも
飛べるようになっております。ご予約、通販ご利用の際はどうぞ。
電子書籍、レンタルサイトへのリンクもあります。

秋田書店 ルパン・エチュード③

リアル書店様へのご予約がスムーズにできればと、
プリントアウト用画像とスマホに表示して見せるだけ画像も
用意しました。

こちらがプリントアウト用↓
オーダープリント用

こちら見せるだけ用↓
見せるオーダー

スマホ見せるだけの場合、個人情報はメモに書いて書店員さんにお渡しすれば必要最低限の会話で予約完了できるかと思います。

ご利用いただければありがたいです。

販促関係は情報解禁になったところでお知らせいたします。

2月1日には一足早くハーパーコリンズ・ジャパンの
ハーレクインコミックス・ダイヤレーベルから
「あのキスの記憶」が発売されます。
こちらはAmazonでも書影が出ております。
ワーテルローの戦いから数年後のロンドンが舞台のリージェンシー物です。



こちらもよろしくお願いいたします。

| 日記 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

というわけで「ルパン・エチュード」12話



やっと最新情報まで来ました(^^;)
【ルパン・エチュード】12話です。

お話の方もだいぶ佳境に入っております。
そして「カリオストロ伯爵夫人」中最大の修羅場です。

ジョジーヌと決別したルパンは、宿でのたうち回るわけですが、
原作だと自転車をめちゃくちゃに走らせてへとへとになったところで、宿のボーイに邪魔をしないよう念を押し、部屋の鍵を二重にかけ、さらに鍵は窓から捨てるという念の入れようで24時間以上寝倒します。ルパン、ふて寝するにもパワフルです(笑)

そのくせ目を覚まして落ち着くと、ジョジーヌの所に戻りたく戻りたくてという、禁断症状にさいなまれる有様は、恐ろしくリアルです。

ハーレクインロマンスのコミカライズ関係でロマンス小説なども読んでますので、「こんな関係続けちゃだめだ」といいつつずるずるひきずるというような展開はよく見かけるのですが、真に迫った描写のたたみかけで、はじめて「なるほど、これはつらそうだ」と納得しました。

そしてこれだけ七転八倒しても、ちゃんと宝探しに戻ってくるのがむしろすごいw

今回のメイン舞台タンカルヴィルの灯台、灯台というと海のイメージですが、タンカルヴィルはセーヌ川の流域です。セーヌ川、ルアーブル港からパリまで重要な水運ルートとして大小の船が往来するため、海の灯台同様、難所、要所には灯台が建てられているようです。

そして特徴的なのは、断崖絶壁城に建てられているためか、灯台と言ってすぐイメージするタワー型でなく、どちらかというと小さな教会のような形状です。

タンカルヴィルの灯台画像、「カリオストロ伯爵夫人」の舞台として紹介しているフランスのサイトも見つけたのですが、古い絵葉書で見ますと、どうも作品当時に有った灯台は取り壊されているようなのです。
現在ある灯台はタンカルヴィル橋の脇にありますが、元々の灯台、タンカルヴィル橋建設のために壊されたのかな?と言う印象です。

当時の灯台は、断崖の上に写ってる写真の絵葉書があったんですが、なにしろ超遠景なので豆粒のようにしか見えません。
比較的状態の良い画像からサン・サンソン・ド・ラ・ロックの古い灯台と似た形のようだと判断して描きました。

前回のデュクレールの洞窟と同じく、タンカルヴィルの灯台周辺描写も大変写実的なようです。

今回エリクの出番は回想のみですが、回想と言いつつコピーではありません。

何しろ、ボーマニャン、ジョジーヌ、クラリスが鉢合わせで、ルパンは首に縄がついた(物理)状態。
ド修羅場展開でストレス値最高で、逃げ場というか救いというか潤いが欲しかったのです…!

おかげで場違いにさわやかな回想エリクとなりましたが、まあ回想しているのはルパンくんなので
彼の思い出補正と言うことで…!

首に縄と言えば、原作で、縄が引っ張られた状態になると「結び目が吊り上がる」とあったので、いわゆる絞首刑的な結び目では描きませんでした。
絞首刑のあれだと「結び目が締まる」のであって吊り上がりはしないかな、と。
なので「自在結び」にしました。これなら結び目そのものは締まりません。
ちゃんと紐を結んで作画の参考にしたんですが、手は縛られてるわ、足首は縛られてるわ、さらに首に縄となると、なかなか絵面的にサマにならなくて苦労しました。(^^;)

次回もまだストラップ付いたままスタートしますが、いよいよ次回は宝の在処の謎解き回です。
ルパンのストラップは外れるのか?ルパンは宝に一番乗りできるのか?ここのパートも描きたい構図があるんだけど入るのか?エリクの出番は?

乞うご期待!待て次号!…と言いたいところですが、プリンセスGOLD掲載、1回お休みで、次は3月発売号となります(^^;)

コミックスは2月15日発売です。どちらも少しお待たせしますが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| 未分類 | 01:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今さら上等!「ルパン・エチュード」11話

OP11宣伝JPEG

というわけで【ルパン・エチュード】11話です。
先日、11月16日に配信開始されたのは12話です。
つまりひとつ前の回です(>_<)

クラリス久々の登場でした。過去形です。
11話配信は9月でしたからね(^^;)

男爵家のワンコ、シャルルですが、シャルルというのはカールのフランス語読みです。
三世の方のアニメ映画、「カリオストロの城」でクラリスが飼ってた犬がカール。
と、いうことで、シャレというかオマージュなんですが、きっと誰も気がついてくれないので自分で言っておきます(笑)

ドミニック(エリク)がクラリスの屋敷に潜り込むのは原作準拠で公式なんですが、何分細かいネタを拾っているヒマが無いのが残念(>_<)
この回、めずらしく(?)ルパンも最初から最後までまじめです。

前回からの流れでギクシャクしているジョジーヌとルパンですが、原作でもこの辺りは空気が重い感じです。

数ある「アルセーヌ・ルパン」譚の中でも恋愛要素濃厚な「カリオストロ伯爵夫人」ですが、熱烈な恋に落ちる瞬間から失望から愛憎から未練に絶望、身勝手さ、と、恋愛につきものの感情アップダウンかなりリアリティあります。

終わりを予感しているだけに燃え上がる愛とか、もうちょっとがっつり描きたかった!(こればっかり)

「カリオストロ伯爵夫人」描くならここは外せない!と言ってたのもまさにこの辺りで、
色恋に完全に流されているようで、どこか冷めた視点も持ってる。愛情と不信、ジレンマとやるせなさ、すれちがい。

「何も考えないないことにしましょう」前後の流れは絶対に描きたいポイントでした。
ここはちゃんとお互いに愛がないとつまらない!愛があるから余計にやりきれない。

正統派ヒロインはもちろんクラリスでしょうが、ジョジーヌもやっぱりヒロインだと思うわけです。

おいおい宝探しはどうなったんだよ、と、冒険譚を期待して読むと完全にのりそこなう「カリオストロ伯爵夫人」

ルブラン先生、もともと純文学畑の方なので、けっこうこういう人間ドラマ部分に持ち味が出ている気がします。
「カリオストロの復讐」などは顕著で、ミステリーとか冒険譚とかの文脈で読むと不完全燃焼の消化不良も仕方ないかと思うんですが、ヒューマンドラマとして読んでいくと、あの人間模様はかなり面白い。

話を戻して11話。

後半の舞台、デュクレールの洞窟にジョジーヌの手下がいるんですが、洞窟?と調べてみたら出てきました。
石灰の岩壁を掘って部屋をつくって、ファサード部分だけそれっぽく仕上げるようです。

http://jumieges.free.fr/troglodytes.html

これ、当時の人ならピンとくるのかな?少なくとも現代日本で文章だけだとこのイメージは出てきませんでした。

そして咲き乱れるキンレンカ。フランス語だとキャプシーヌ(カプシーヌ?)
フランスの花言葉は「燃える愛」だそうです!
19世紀、フランス花言葉の本なんかも出ててけっこう流行ったらしいので、もしかしたらルブラン先生の仕掛けかも知れません。

ちなみに11話ラストページで盛大に花びら舞っておりますが、キンレンカ、構造的に花びら散らないと思われます(^^;)
雰囲気重視の演出だと思って頂ければと!

明日は12話の予定。
やっとリアルタイムに追いつきました(^^;)

| お仕事情報 | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT