FC2ブログ

よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

というわけで「ルパン・エチュード」12話



やっと最新情報まで来ました(^^;)
【ルパン・エチュード】12話です。

お話の方もだいぶ佳境に入っております。
そして「カリオストロ伯爵夫人」中最大の修羅場です。

ジョジーヌと決別したルパンは、宿でのたうち回るわけですが、
原作だと自転車をめちゃくちゃに走らせてへとへとになったところで、宿のボーイに邪魔をしないよう念を押し、部屋の鍵を二重にかけ、さらに鍵は窓から捨てるという念の入れようで24時間以上寝倒します。ルパン、ふて寝するにもパワフルです(笑)

そのくせ目を覚まして落ち着くと、ジョジーヌの所に戻りたく戻りたくてという、禁断症状にさいなまれる有様は、恐ろしくリアルです。

ハーレクインロマンスのコミカライズ関係でロマンス小説なども読んでますので、「こんな関係続けちゃだめだ」といいつつずるずるひきずるというような展開はよく見かけるのですが、真に迫った描写のたたみかけで、はじめて「なるほど、これはつらそうだ」と納得しました。

そしてこれだけ七転八倒しても、ちゃんと宝探しに戻ってくるのがむしろすごいw

今回のメイン舞台タンカルヴィルの灯台、灯台というと海のイメージですが、タンカルヴィルはセーヌ川の流域です。セーヌ川、ルアーブル港からパリまで重要な水運ルートとして大小の船が往来するため、海の灯台同様、難所、要所には灯台が建てられているようです。

そして特徴的なのは、断崖絶壁城に建てられているためか、灯台と言ってすぐイメージするタワー型でなく、どちらかというと小さな教会のような形状です。

タンカルヴィルの灯台画像、「カリオストロ伯爵夫人」の舞台として紹介しているフランスのサイトも見つけたのですが、古い絵葉書で見ますと、どうも作品当時に有った灯台は取り壊されているようなのです。
現在ある灯台はタンカルヴィル橋の脇にありますが、元々の灯台、タンカルヴィル橋建設のために壊されたのかな?と言う印象です。

当時の灯台は、断崖の上に写ってる写真の絵葉書があったんですが、なにしろ超遠景なので豆粒のようにしか見えません。
比較的状態の良い画像からサン・サンソン・ド・ラ・ロックの古い灯台と似た形のようだと判断して描きました。

前回のデュクレールの洞窟と同じく、タンカルヴィルの灯台周辺描写も大変写実的なようです。

今回エリクの出番は回想のみですが、回想と言いつつコピーではありません。

何しろ、ボーマニャン、ジョジーヌ、クラリスが鉢合わせで、ルパンは首に縄がついた(物理)状態。
ド修羅場展開でストレス値最高で、逃げ場というか救いというか潤いが欲しかったのです…!

おかげで場違いにさわやかな回想エリクとなりましたが、まあ回想しているのはルパンくんなので
彼の思い出補正と言うことで…!

首に縄と言えば、原作で、縄が引っ張られた状態になると「結び目が吊り上がる」とあったので、いわゆる絞首刑的な結び目では描きませんでした。
絞首刑のあれだと「結び目が締まる」のであって吊り上がりはしないかな、と。
なので「自在結び」にしました。これなら結び目そのものは締まりません。
ちゃんと紐を結んで作画の参考にしたんですが、手は縛られてるわ、足首は縛られてるわ、さらに首に縄となると、なかなか絵面的にサマにならなくて苦労しました。(^^;)

次回もまだストラップ付いたままスタートしますが、いよいよ次回は宝の在処の謎解き回です。
ルパンのストラップは外れるのか?ルパンは宝に一番乗りできるのか?ここのパートも描きたい構図があるんだけど入るのか?エリクの出番は?

乞うご期待!待て次号!…と言いたいところですが、プリンセスGOLD掲載、1回お休みで、次は3月発売号となります(^^;)

コミックスは2月15日発売です。どちらも少しお待たせしますが、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| 未分類 | 01:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今さらだけど!「ルパン・エチュード」9話



「ルパン・エチュード」 9話について
DekPWvEU8AAxvF0.jpg

プリンセスGOLD電子化、そして月刊化第2号に掲載されました。
「ルパン・エチュード」2巻と同時発売でした。
「カリオストロ伯爵夫人」5回目です。

遠い昔のようですね(^^;)

3巻のお知らせ後ではありますが、やはりちゃんと各回触れておこうと思います。

表紙も描かせていただきました。
DeZ-_CsVQAA64q0.jpg

がっつりトリミングで背景が消えてますので文字無し画像も。
DeZ-_CsUwAAbmgb.jpg

原作第7章「カプアの逸楽」冒頭部分。
原作によるとラブラブな時期は一ヶ月ほど続いたらしいんですがこの辺はだいぶ駆け足で通過しました(^^;)

ルパン/ラウールの幼少時代、女王の首飾り事件当時として描いていますので6歳くらい。
1874年生まれで計算すると1880年あたりになります。

このあたりの時代、男性はともかく、女性のドレスのシルエットはけっこう数年単位で変化します。

原作ルパンの物語はけっこう過去のいきさつだったり歴史だったりがからんでくるのでその都度年代と風俗を確認します。

物語的には1894年が舞台なんですが、数年前までの流行だったバッスルスタイルから、袖に特徴の有るスタイルに変わっています。

写真や当時のファッションプレートなどの資料を見ると、とにかく肩の膨らみがすごい!パフスリーブとかジゴ袖とか聞いてイメージするレベルではありません!

子どもの頃見たアニメ「赤毛のアン」で、アンが「袖の膨らんだ服が!袖の膨らんだ服が!」と言ってたなあと思いだしました。
ジョジーヌやクラリスを描いていると必ず頭の中でアンが「袖の膨らんだ服!」を連呼します(^^;)

そしてジャポニズム花盛りの世紀末フランス。
この時代を扱った映画では必ず出てくる着物ガウン!

ここで出さないでいつ出すんだ!と言うことでジョジーヌさんに羽織っていただきました。

羽織ると言えば、クラリスの部屋でも羽織っていたルパンのシャツですが、実は現代のシャツのように前が全開になるタイプは、この時期やっと現れたどうかというタイミング(^^;)
無くは無いならあってもいいか、と描きましたが、どうなんでしょう(^^;)

当たり前のようにジョジーヌの組織に潜り込んでいるエリク。あれ?と思われた方もいると思いますが、2巻のラストに1P描き足してこっそり就職していたのでした(^^;)

2巻、最初の方にこれまでのお話に頁を持って行かれたのであとがきがありませんでした。
いつもサイン本で絵を入れている、表紙をめくってすぐの白い紙。あれを後ろに持ってくればあとがき頁が取れるそうです。
そうなるとサイン、表紙の裏に絵を描く事になるんですが、はっきりいって表紙裏、描きにくいです(^^;)

まあ私の事情より、あとがきはきっと有った方が嬉しいよね?

10話についてはまた明日!(多分)

| 未分類 | 01:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ルパン・エチュード」第6話


「ルパン・エチュード」6話 10月16日(月)発売「プリンセスGOLD 12月号(秋田書店)」掲載されております。
「カリオストロ伯爵夫人」編 2話目です。

前回は原作の「南フランスで3ヶ月前に出会った」という、ほぼ1行を膨らませたお話でしたが、今回は原作の流れで進んでおります。
もちろん「ルパン・エチュード」ですので同じエピソードでも意味とニュアンスはかなり違います。

舞台はノルマンディ方面に移りましたが、この回の作画を終えてから現地へ取材に行ってきましたので資料だけで描いたものと実際の空間とどのくらい体感的にズレがあるのか興味津々で現地入りしました。

フランス取材旅行に関しては、Twitterの方ではぱらぱらつぶやきましたが、こちらではまたあらためてお話し出来ればと思っております。

前回はラウールとクラリスがメインでしたので今回はルパンのターンです。

次回はいよいよカリオストロ伯爵夫人ことジョセフィーヌ登場となります。
もしかしたら一気に作品のムードが変わるかもなーと思っているんですが、こればっかりはネームまで行ってみないとわかりません(^^;)

「カリオストロ伯爵夫人」ルパン原作の中ではわりと映画とか舞台でも取り上げられているお話だったりするので、私も原作を読む前より前にそっちの方に触れていたため、クラリスがヒロインポジションであることは知っていました。が、原作を読んだら思っていた以上にジョセフィーヌさんの比重が大きくて…と言うか、クラリスの影が薄めで(笑)
存在としてのクラリスは決して薄くないんですが、お話はまぎれもなく「カリオストロ伯爵夫人」なのですね。

で、このジョセフィーヌさん、ミステリアスなだけでなくて複雑で、単純な悪女ではないんですね〜
わかりやすさ的には単純な方がわかりやすいんですが、そうじゃない部分が面白かったりもするので、まだキャラ立てにあーでもないこーでもないと思案しているところがあります。

彼女絶対面白いよ!という予感はあるんですが、この原石、ヘタにカットしたら台無しにして輝きを損ねちゃう!そのくらいなら平凡に無難にキャラ立てちゃった方がマシなんじゃないの?とか、そもそもそんなキャラクター私に扱えるの?とかめちゃくちゃ緊張するキャラクターです。
原作はありますし、「ルパン・エチュード」としての着地イメージもあるんですが、同じ筋運びでもキャラクターでお話はがらっと変わってしまうのです。

まぎれもなくこのお話のもうひとりのヒロインで有り、最大の敵、そして最大の被害者(?)でもあります。
動き始めたらたぶん迷わないんですが、何しろこれからが本番ですので今が一番緊張しています。多分(^^;)

ちなみに私、西洋方面うとかったので「伯爵夫人」って何?ってレベルから始まりました(^^;)
夫人って奥さんなの?とか思ってたら、「伯爵の奥さん」と言う意味もあれば、女相続人としての「伯爵夫人」も有るそうです。正確には「女伯爵」というべきところを「伯爵夫人」としている場合がありまして、このお話の「カリオストロ伯爵夫人」はまさに「カリオストロ女伯爵」です。

さて次回、どうなりますやら乞うご期待!なのですがなんと、次号、このタイミングで表紙&巻頭カラーいただきました!

yokoku

…がんばります!!

| 未分類 | 14:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ルパン・エチュード】①巻 フェアなど

情報が遅くてすみません(>_<)

「ルパン・エチュード」①巻発売記念フェアのお知らせ(その1)

書泉・芳林堂書店様
・ご購入の方にメッセージペーパーをプレゼント
・書泉ブックタワー・書泉グランデ・芳林堂書店 高田馬場店
>複製原画(プレゼント企画有)とサイン色紙(各店舗それぞれ描き下ろし)を展示
syseninfo
syosen

☆書泉と芳林堂書店は共通ペーパーです
☆一部店舗を除きます
☆実施店舗、配布方法などの詳細は、各店舗にご確認下さい
☆複製原画の展示枚数は書店によって異なります
https://www.shosen.co.jp/fair/55667/


「ルパン・エチュード」①巻発売記念フェアのお知らせ(その2)

八重洲ブックセンター 日比谷シャンテ店
・複製原画&サイン色紙の展示
・サイン本販売(数量限定 ※完売しました)

【ルパン・エチュード】の他、アルセーヌ・ルパンコミカライズ作品が勢ぞろいの
ルパン&フランスフェアになってるようですw
yaesu2
yaesu1


☆原作正統コミカライズ
「アバンチュリエ」森田崇先生
「八点鐘」JET先生 ※コンビニ書籍
☆原作ロマンチック強化コミカライズ
「VSルパン」さいとうちほ先生

他、フランス関係のコミック、ルパン原作などなど

☆詳しくは店舗にご確認下さい
http://www.yaesu-book.co.jp/access/hibiya-chanter/
https://twitter.com/yaesu_book

「ルパン・エチュード」①巻発売記念フェアのお知らせ(その3)

喜久屋書店(一部店舗を除く)
・ご購入の方に全店舗共通のメッセージペーパーをプレゼント
・仙台店では複製原画&サイン色紙が展示されます
kikuyu
kikuyasain

☆詳しくは各店舗にご確認下さい
https://www.blg.co.jp/kikuya/

| 未分類 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Twitterカウントダウン絵 ネットワークプリントサービス

netprint

【ルパン・エチュード】①巻発売日まで1ヶ月かけてカウントダウン絵を完成させよう!と言う企画をTwitterでやりました。
候補ラフをアンケートで選んでもらって、あとはそれを毎日少しずつ発売日まで進捗を上げていくという物。
完成したイラストは23日までお近くのコンビニエンスストアでプリントでます!

kansei

・サークルKサンクス
・ファミリーマート
・ローソン
 ユーザー番号>8KYTLCLRDT

・セブンイレブン
 予約番号>85908654

※プリント代金必要です(>_<) 
フルカラーですので60円〜120円くらい(用紙とサイズと店舗によります)
※元のイラストデータはA4です。縮小/拡大はつぶれたりぼけたりするかもしれません。
※写真プリントはかえってきれいにプリントされない可能性大です。
※店舗によってプリンターのコンディションが違いますので、プリント結果には違いが出ます。
※一部の店舗ではネットワークプリントサービスに対応していませんのでご注意下さい

| 未分類 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ルパン・エチュード」第3話

op3.jpeg

プリンセスGOLD(秋田書店)4月号発売中です。
熊本では発売日から二日ほど遅れて店頭に並びますが、
2月16日発売なので、さすがにもう全国の書店に出回っている…かな?

「ルパン・エチュード」第3話 46P掲載されております。
zassi.png


この号は表紙も描かせていただきました。
確か浪漫狩りでは表紙は描いていなかった気がします。
おそらく王都以来の表紙では無いかと思われます(^^;)

ちなみにラフはこんなでした。
rahu.png


気合いは入れたんですが、入れすぎてうわ滑ったような気がして
ひっそり猛省しております。
背景の色も最初もっと暗い方を提出したんですが、表紙としては暗すぎ?とか
思って出し直したものの、かえってぼんやりしちゃったかなあとかもう
はっきり言ってグダグダです囧rz

とはいえ、読者プレゼントのQUOカードにもなっておりますし、
お買い上げ下さった皆様、はがきで無くても
QRコード対応でケータイ・スマホから応募も出来るようなので
よろしかったらぜひ!
quo.jpg


年賀状のイラストも、「何かに使えそうだったら使って下さい」と
編集部に送っていたのですが、さっそく雑誌背表紙に使って下さいましたw

さて、「ルパン・エチュード」3話目です。

今回は原作の「アンベール夫人の金庫」ベースで仕上げております。

ルパン・エチュードにおける原作の位置づけは、
「本人の自己申告による過去の話を、ルブランさんがまとめた伝記」として扱っております。

つまり、歴史小説や自伝、伝記小説と同じく、あくまでもルパンの主観と、それを「話として聞いただけ」のルブランさんの解釈でできあがっているのが原作小説であり、客観的に見ていた人からすると、ちょっとニュアンスが違うかもしれないよ?と言う視点です。

Twitterの方でつぶやいておりますが、エリクというキャラクターは、この「アンベール夫人の金庫」から
生まれました。19歳のルパンの初仕事。その片棒を担ぐ親友です。

なぜ親友と言い切れるかというと、ルパン本人が「たったひとりのかけがえのない親友」と言っているからですw
友情大好物の私が食いつかないわけがありません。しかもその親友に対する扱い方がそれかよ!と。

と言うわけで、話題(原作)には出てこないものの、その後の事件にも「親友」は関っているはず!という前提で
お話を進めて参ります。

それにしても、作画資料を探してて、原作で描写されていたのはこれか!!というものを見つけたり、
当時の風俗や常識を知って、そう言うことだったのか!!と発見があったりと、それはそれで楽しいのですが
本当に何も知らないなあと反省ばかりです(^^;)

金庫ひとつとっても、最初はシャーロック・ホームズのコミカライズで描いたときに見つけたようなタイプしか出てこなくて、原作の「錠前を開けるための4つのボタン」がさっぱりわかりませんでした(^^;)
発見してなるほど!と。

金庫

熊本の田舎でも探し物を可能にするインターネット、ありがとう…

| 未分類 | 10:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月刊ハーレクイン6月号 予告漫画掲載

公式ホームページ消失中です。時間が出来ましたら復活させますのでしばらくお待ち下さい。

暖かかったり寒かったり雨だったりの今日この頃ですが皆さん体調は大丈夫でしょうか~
本日はハーレクインのお仕事新作のお知らせです。

現在発売中の、「月刊 ハーレクイン」6月号に、
次号掲載作品のの予告漫画が掲載されております。
一足お先に作品世界を2ページで紹介しております(*^_^*)

【炎のドレスの誘惑】 原作: ロビン・ドナルド 

作品自体の掲載は
5月21日(金)発売の「月刊 ハーレクイン」7月号になります。
125ページ(カラー2ページ) 読み切りです。

ひとまずお知らせまでに!
どうぞよろしくお願いいたします~


| 未分類 | 16:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

衣替え

風邪のお見舞いコメントありがとうございました。
おかげさまですっかり全快しました。
このところは同人原稿にかまけております。終わったらさすがに本業の営業を開始しないとまじめに干上がりそうです(^^;)
どうもこのブログ、うまく表示されない、つながらないことがあるとコメントをいくつかいただきました。
レンタルなので原因は私には分かりませんが、とりあえずブログテンプレートを変えてみました。

プロフィールに「最近の楽しみはCSI・NY」と書いた直後に放送が週1回になってしまいましたorz
おのれ冬ソナ。

冬ソナと言えば、これまでTVのCMとかで断片的に見るだに、私の人生に必要のないドラマだなーと思ってスルーしていたのですが、最近やってるパチンコ台のCMで俄然興味がわきました。

どんなCMかというと、ヨンさまが投げた雪玉をヒロインがキャッチし、それを空手チョップのジェスチャーで雪玉を割るように促すヨンさま。ヒロインが怪訝そうにそれでもチョップで割ると、中からプレゼントのペンダントが!そしてそのペンダントヘッドのデザインが、そのままパチンコ台に合体するという物。

もしかして私は冬ソナをなめていたのかもしれない!ただの甘々ラブストーリーだと思っていたけど、もしかしてこれはそんなぬるい物ではなく、歯は浮きまくり身の毛がよだちまくりの超激甘なアンビリーバボーな世界が展開されているのでは無かろうか!?

これは一回自分の目で確かめてみるべきかもしれない!15秒ほどのCMでこれだけの衝撃ならいったいドラマ一回でどれだけ未知のインパクトに充ち満ちているのか!?

で、見てみた。
ヒロインちゃんは婚約者ともめ、ヨンさまが助け船を出そうとして断られてみたり、ヨンさまのせいでイマイチうまくいっていない風の婚約者とヒロインは事情を知らない先輩に大勢の観衆の前で婚約発表する羽目になって気まずい雰囲気になってみたり、婚約者とヒロイン両サイドの両親の前でヒロインちゃんは「結婚できません」宣言をするにいたってみたり。

…あれ?思ったよりおもしろくないよ?
もっと阿鼻叫喚の激甘で脳がしびれるかと思ったのになー…


※以下は通販業務連絡です。

3月18日付けで広島から通販申し込まれたMさん、どの本を送って良いのか分かりません。至急メールフォームから本のタイトルをご連絡下さい<(_ _)>

ちなみに広島からのお申し込みはお一人だけです。
引き続きご連絡をお待ちしております。

| 未分類 | 15:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

時期はずれ

風邪引きましたorz

喉に来てます。定番コースだと喉の痛みが引いたあたりから熱が出て
鼻が出て最終的に咳で締め。

このところの暖かくなったかと思うと逆戻りにやられたっぽい。

| 未分類 | 00:46 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BGM

苦手な数字にまみれた申告が終わって放心状態です。
そろそろ通常モードに戻さないとね!

基本ながら族なのですが、さすがに頭を使う作業では映像と会話は邪魔なので、自然と音楽をチョイスする訳ですが、気に入ったCDは飽きるまで聞いて飽きるタチなのですぐに弾が尽きてしまいます。

そういうときはラジオへ行くわけですがDJのトークは良いから曲かけろよ!という自分にとって、なかなか安住の地はありません。
良いネットラジオのオススメなんかがあったらぜひよろしく~!

| 未分類 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |