よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

≫ EDIT

「ルパン・エチュード」第5話

op5.jpeg

月も変わろうかと言うタイミングですが、8月16日発売のプリンセスGOLD 10月号に、ルパン・エチュード op.5掲載されております。6月に発売されました、第1巻からの続きです。
今回から「カリオストロ伯爵夫人」編スタートしました。カラーページ頂きましたので「カリオストロ伯爵夫人」編の二人のヒロインを描いております。

DHT-MTZVoAALDOZ.jpg


クラリスについては原作で、淡い色の髪、夢見るような青い瞳と有るので迷わないんですが、カリオストロ伯爵夫人ことジョジーヌさん(なぜかさん付け)については、翻訳だと鹿の子色、褐色、とあってややイメージに幅がありすぎたので原文をあたりました。

だって鹿の子色だと検索で鹿の子模様の方が大量に引っかかって色までたどり着けないのですよ(^_^;)
そして褐色にしても明るさと濃度でだいぶイメージが違います。
フランス文学翻訳系でこの「鹿子色の光り」が夜明けの光の表現としてでてきたりしますし、ルパン原作では薄いベールで髪の輝きを抑える、と言う表現があるので、けっこう明るい色のようです。気になります!

そこで原文です。フランス語、名詞と形容詞と動詞と、まださっぱり判別できないので、Google翻訳で翻訳しては削り、翻訳しては削りと目的の単語を抽出するだけでも一苦労ですが、掘った甲斐はありました!

フオーヴ(fauve)という色でした!

これ、フランスの伝統色名で、野獣の毛のイメージなんだそうです。ライオンの毛皮の色、と説明しているものも有りました。

野獣!女豹さまです!

まあ、モノクロだと金髪とどう違うのよという感じですが、イメージは大事です!

と言いつつも、原作のジョジーヌさん、見た目と佇まいは超絶清楚系の虫も殺さないような聖女なのです。カラーではあえて妖女のイメージを強調しておりますが、この辺は本編でどうなるか楽しみにしていただければと(*゚▽゚*)

今回ジョジーヌさん、タイトルページでばーんと顔出ししておりますが、本編ではちょっとしか登場しません(^_^;)

と言うのも、今回のお話、原作だと一行くらいの箇所を捏造もとい、膨らませてドラマにしております。

せっかくなので19世紀的なあれこれを盛り込んで見ました(笑)

降霊会も自転車もちゃんと原作「カリオストロ伯爵夫人」に出てくるので気まぐれにネタを選んでるわけじゃ無いんですよ?
クリスタル・スカルは実在する通称(?)パリ・スカルです。博物館に収蔵されていますが贋作認定されたようです(笑)

次回は舞台もノルマンディに移ります。

原作、地名がバリバリ出てくるのにその地名自体に馴染みがないせいでイマイチイメージが掴みづらいところがあったので、いちいち地図と地元情報を確認しながら読み直して、可能な限り古写真などもあたりました。

俄然面白いです!

その辺りもちゃんと盛り込んでいけたらな、と思っております。

まあ、ノルマンディは取材に行くんですが、次回の仕事が終わってからなので、情報のみで描いたものと実際の空間と、どのくらい感覚的に差が出るか答え合わせ的に楽しみでも有ります(^_^;)

| お仕事情報 | 22:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「オリンポスの咎人Ⅱ 〜ルシアン〜」発売中です。



7月24日発売済みです。すでにシリーズ3作目 藍まりと先生のレイエス編も出ております。

しばらく前に、Twitter上でもコミックス化は無いのでは?とか言っていたんですが、ここでまさかのコミックス化です。

そして、ハーパーコリンズ・ジャパン様、コミックスは基本的に売り切り御免で重版かかりません。電子書籍でいつでも買える物ではあるんですが、紙派の皆様、最初で最後のチャンスとなります。

5年前の作品ですが、作中の携帯がガラケーなのに驚愕です。技術の革新と流行りすたりすごいスピードです。

今の時代、100年後とかに時代物として描こうとしたらけっこう大変そうだなあと19世紀末を舞台の漫画を現在進行形で描いてるせいか考えてしまいました(^_^;)
もちろん資料とかは探せると思うんですが、資料って、あればあったで調べるの大変ですし、探しやすい分手を抜くとバレバレですしね(^_^;)

それはさておき
単行本化にあたって、4ページほど後日談を描き下ろしました。

ネタはオリンポスの咎人 III レイエスの原作小説から少々。

オリンポスの咎人シリーズ、魔物だの神話だの神様だのとハーレクイン作品でもかなり特殊な異色作ですので、ロマンス系はちょっと…手を出しづらいなと思われる方にむしろオススメです。

アナーキーの女神であるヒロインのパワフルな破天荒さとキュートさ、
全身傷跡だらけの生真面目な死の番人であるヒーロー、大変楽しく描いております!

| おしらせ | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月