FC2ブログ

よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

≫ EDIT

「ルパン・エチュード」第7話

OP.7プロモーション

「ルパン・エチュード」7話 12月16日(土)本日発売の「プリンセスGOLD 12月号(秋田書店)」に掲載されております。「カリオストロ伯爵夫人」編 3話目です。
今回は表紙&巻頭カラーです!

表紙と刷りだし


ついに!ジョゼフィーヌ・バルサモことカリオストロ伯爵夫人登場です。
七本枝の燭台を巡る謎を追う一党のリーダー格、ボーマニャン氏も登場します。

今回は原作でけっこうジョジーヌさんにまつわる過去話というかいきさつというか説明が多いあたりなので、これを原作の味を損なわずにどこまで短縮できるかが最初の関門でした。ジョジーヌさんの見た目の清楚さ、そしてミステリアスな存在感、底の知れ無さと、盛り込むべき要素はてんこ盛りです。

作品紹介とかでは「妖婦」とか表現され、しかもルパンより年上なので妖艶な熟女っぽいイメージあるんですが、20歳のルパンに対して25歳から行っててもアラサーくらいのキャラクターです。
そして、敵対するボーマニャンが一目で無実を信じてしまうくらいの清楚な外見ということで、見るからに魔女然とした雰囲気ではありえないのです。
「マイティーソー・バトルロイヤル」の死の女神、ヘラ様とかをイメージしてはダメなのです(笑)

ルパン生誕100年記念映画「ルパン」のジョジーヌはまさしく熟女な妖婦まんまのイメージでした。見るからに一筋縄ではいかない悪女。これはこれでやっぱりセクシーで魅力的なんですよね〜(>_<)

強敵ならやっぱり太刀打ちできない悪の魅力みたいな吸引力で手玉にとってたぶらかしまくりと言うのも大変心引かれる造形ではあったのですが、ここはあえて、原作を遵守しました。

ジョジーヌさん、描いて動かしてみるまでおっかなびっくりだったんですが、描いてみたらこれがもう楽しいのなんので自分でもびっくりです(笑)

今回はフランス取材後に取り組んだ回だったわけですが、取材の時、今回のためにどうしても見ておきたかったのが海です。ノルマンディーの夜の海。

取材に行って日の天気が曇天でたまに小雨がぱらつくような状態でしたので、イメージはばっちり。

どんなふうだったかといえばひたすら「真っ暗」でした。どこからが海でどこから空かわからない真っ暗闇状態。
怖い。これは怖いなと。

作画ではそこまで暗いと絵にならないのでそこそこにしてありますし、途中から心象風景も含めて夜とは思えない明るさになったりもしてますが(笑)少しでも臨場感出てたらいいなあ。

タイトルページ、もっとロングで描いてあったんですが、トリミングでだいぶアップ目になっております。
発売の遅い家の近所でも店頭に並んだあたりで全体像などアップしてみようかと思います。

表紙、今回はお題がシチュエーションありきでしたのでTwitterのほうでも没をアップしませんでしたが、
「妖しい舞踏会に誘うルパン。エリクがいてもいいかも。小道具にマスク。時代がかった豪華な椅子に座っているバージョンもいいかもしれません」と言うことで4点ラフを提出しましたが、結局エリクがいるバージョンに。
採用ラフ
没1
没3
没2

次回はいよいよ2巻のラストにあたる回です。盛り上げていきますよ〜Σd(≧▽≦)

| お仕事情報 | 21:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月