よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルパン・エチュード 第4話

op4

お久しぶりです。
コミックス1巻も発売され、はっきり言っていつの話しをしてるんだ!と言う状態ですが、やはり筋は通しておこうかと。
(まあ、雑なくせにこういうところに固執するからかえって面倒くさくなって全部放り出してしまうというのが私の悪いクセですが…)

気を取り直して4話

…もうコミックスも出てるのでネタバレ上等でいきます。
エリクがサーカスを離れ、本格的にルパンと活動を開始するターニングポイントとなる回です。

次の展開につなげるヒキの回でもあるので、フライイングで敵役ポジションの神父なんかも登場させました。
「ルパン・エチュード」のルパンは、まだ本格デビューも前の若造くんなので、いわゆる宿敵であるガニマール警部の出番もありません。で、キャスタニエ神父を警察に協力する立場と言う形にすることで、ガニマール警部も間接的に出せない物かと考えたのでした。

が、ここで大きな誤算(?)が発生。

当初、②巻は少し19世紀風俗を掘り下げつつ世界観を強化して、②巻の後半あたりからおもむろに原作世界に本格的に流し込んでいく事を想定していました。

が、今どきの出版事情というのはシビアでして、出版社が納得する数字を出せなければ、連載を続けることは出来ません。もちろん、それは昔から変わらない商業の世界なのですが、昔よりもその結論を出す期間が短くなっています。大量に出回っている本と出版サイクルの中、なかなかお話をじっくり進めるというのが難しい状況です。

もちろん、出版社によっても雑誌によっても作家さんによってもその期間はまちまちです。

そんな中、ゆっくりやってる場合じゃなくね?ということで、オリジナルパートはざっくり破棄することにしました。神父いきなり大ピンチ。彼の出番はあるのでしょうか(^^;)

すでに①巻もだいぶハイペースです。
サーカスについてはほとんど掘り下げることなく終わってしまいました。

19世紀のこの時代、一流のサーカスは花形エンターテインメントの総合芸術で、紳士淑女の娯楽でした。
当時、ジャポニズムと呼ばれる日本ブームがあったりしたフランスですので、日本人の出演者なんかも出したいなーとか思ってたんですがままなりません(^^;)

| お仕事情報 | 19:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

お待ちしていました!

お久しぶりです!
いろいろ続いて出版されるみたいなので、お忙しいのだろうと思っていたのですが、先生のコメントをお待ちしていました(^^)。
たくさんあってすべてには書き込めないので^^;、こちらにいつもの感じで少しだけ書かせていただきます。
コミックが出ているのでネタバレOKということで。
今回のイチオシ台詞は、「きみがぼくを見つけたんだ」でしょうね。この一言で十分です!
前回のルパンの台詞に対するエリクの反応の薄さは、気付いていない(信じていない)方だったのですね(笑)。私のもやもやはすっきりしました^^;この後の二人のやりとりの微笑ましいことったら!
今回も個人的萌えシーン一杯で嬉しかったです(^^)。
サーカスは、ここで(一旦?)終了なのですね・・・あの雰囲気がなくなるのは少し寂しい感じがします。
コミックの1巻も購入しました。
書き下ろし四コマ漫画、もっと欲しいです(笑)。

先生のルパンに対する考察は、意外な感じはありました。
私もルパンは好きですが、読んだ記憶にあるのは学生時代ぐらいなので・・・どのくらい遡るのか(笑)というくらい古いので、かなり美化した記憶です。
今きちんと読み返せば、それなりに思うことがあるかもしれませんが、それは到底無理なので^^;、先生が描き出されているルパンワールドに浸らせていただきます。

出版事情は、今も昔(無頼の頃?)も厳しいのですね・・・。
上に書かれていたフェアなども、基本気が付かない人間です;;;申し訳ありません(>_<)。
せめてもと思い、雑誌とコミックだけは購入していますが、「ルパン・エチュード」6巻まで続いて欲しいです!
こんなところからしか応援できませんが、がんばってください!!

| だやん | 2017/06/20 21:49 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです!というか…!レスが…!今ごろになってしまってすみません(>_<)
いつも感想ありがとうございます!本当にに感謝しておりますのに失礼いたしました。

コミックスもお買い上げありがとうございます!
4コマは私も描いてて楽しかったです。ネタはけっこういろいろあるので、今後も続けていこうと思っております!

ルパンはですね、やはり「昔好きでした!」おっしゃる方、ほとんどポプラ社の南洋一郎先生版でして、あのルパンは原作を元にアレンジされた物なので、実は原作とはかなり違うのです。有り体に言うと、ポプラ社版のルパンは文句なしの男前、義賊ヒーローですが、本家はけっこう普通に犯罪組織のボスで、やや(?)タチが悪いです(^^;)

とは言え、やはり「ならでは」の面白さもありますし、以前描いたホームズのように、原作に乗っ取ったルパンも描いてみたいという野望は出来てしまいました(笑)

| 岩崎@管理人 | 2017/08/16 10:46 | URL |















非公開コメント

http://nextstreet.blog17.fc2.com/tb.php/35-50d500fb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT