よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『女の一生』鑑賞

※ネタバレ有ります※

観てきました「女の一生」
モーパッサン原作でノルマンディーが舞台、男爵の娘が主人公というので行ってきました。モーパッサンはモーリス・ルブラン先生が小説家目指す影響を受けたとかいう話もあったので、どらどら、と。

Twitterのほうで、と思ったんですが、書き始めたら長くなり、ついでにネタバレ嫌がる人もいるね、ってことでこちらに。

ちなみに原作まったく知らないよ?と言う私です。ストーリー的にはまったくのゾーン外ですが、仕事柄、リージェンシーあたりの風俗だとか、ノルマンディー方面の雰囲気は見たい。というので熊本に来るのを今か今かと待っていました。

お話は、女にだらしないダンナと金にだらしない息子に悩まされるヒロインの踏んだり蹴ったり人生。
映画のカメラワークが基本的にがぶりよりで、しかもいきなり場面がとぶし感情も飛んでしまって、時々変化について行けなくて戸惑いました。しかも回想まではさまってくるので、えーとどの時間軸からの視点なの?と電波拾い損ねた電波時計の針みたいに時々意識的な調整が必要でした。

最大の「!?」は、不倫でメイド(しかもヒロインの乳姉妹)に手を付けて妊娠させた前科のあるダンナが、今度は友人伯爵夫妻の奥さんと出来ちゃってるのをヒロイン目撃しちゃった前後のエピソード。

「みんな嘘つきばっかり!私は裏ぎられた!」と打ち明けに来た主人公に、ダンナの不倫相手である伯爵夫人の夫に真実を伝えるべきだと強硬に主張する神父。黙ってるならあなたも嘘つきで罪深い。同罪だ。肉欲の罪は悪いが、嘘はもっと悪いと追い詰めて、いい人の伯爵を苦しめることになると渋る主人公を脅迫まがいに説得。
えええ、実際にやらかしちゃってる当事者じゃ無くて、ただでさえその事実で苦しんでる主人公を責めるの?

そこで例によっていきなり場面が切り替わると、素っ裸で背中に大穴が開いた伯爵夫人の死体が野原に転がり、狩猟小屋の中にはこれまた素っ裸で胸に大穴の開いた主人公のダンナの死体、そしてナイフで胸をえぐって自殺した伯爵の死体。えええ!いきなりサスペンス!?この話どこに行くの!?

…と思ったら普通に日常話ルートに戻りました。

私的には主人公けしかけたことで3人を間接的に死に追いやった神父、ちょっと屋上で小一時間ほど問い詰めたいところですよ?いいの?この結果有りなの?と。

ダンナが退場したら今度は息子のターン。

うーん、不幸に次ぐ不幸のながされ人生なんですが、あんまりヒロインにも共感、同情できなかったのは彼女自身があまりにも受け身だったからかなあ。

あとはカメラがもうちょっと引いてくれるとせっかくの背景やら風俗やら衣装やら、もっと入ったのに、とちょっと残念!

| 日記 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nextstreet.blog17.fc2.com/tb.php/49-b0a0ab70

| PAGE-SELECT | NEXT