FC2ブログ

よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今さらでも!「ルパン・エチュード」10話

OP10宣伝

本日は【ルパン・エチュード】10話です。

9話ラストで「どっちが先に謎を解くか見てろ!」的な啖呵を切って独自調査を開始するルパンですが、この回、トピックスが多くて四苦八苦でした(^^;)

「七本枝の燭台の謎」とはどういう物なのか、という物語の重要なポイントをめぐるかけひきと、ジョジーヌの本性はどうなの?と言う葛藤やら盛りだくさんです。

燭台の謎、そもそも24年前がスタートといいつつ、そのいきさつに踏み込むとさらに遡ってフランス革命まで到達し、そこからさらに遡るという複雑さ。

例えるなら、昭和最後の年に託された謎が、幕末の動乱まで遡り、その発端は戦国時代から受け継がれてきた秘宝、とかそんな感じでしょうか。かえってわかりづらいか(^^;)

謎のいきさつも複雑ですが、ルパンのアップダウンは激しいわ、シリアスかと思うと悪ノリで相手をからかうわ調子に乗るわでメンタル的にも大忙しです。

場当たりと言ってもいいくらい瞬間瞬間でめまぐるしく変わる、まじめと悪ふざけ、かと思うと一気にとことんまで追求解析する集中度。
原作を読み慣れないうちはこのテンポに取っつきづらく感じていたんですが、リズムがわかってくると、そのバイタリティと回転、切り替えの早さがルパンというキャラなのだと納得します。

「カリオストロ伯爵夫人」若いルパンがテーマで描かれているので、その特徴がより顕著です。

これがポプラ社の南洋一郎版ルパンだと、貫禄と思慮深さと悪辣と言ってもいいしたたかさでとても20才とは思えません(笑)

本家ルパン、高速回転の思考と反応、脊髄反射レベルの行動力。まさにジェットコースターですが、ここまでの熱量はいろいろアレなところを差し引いても、やっぱりものすごく魅力的です。

そう言う本家のキャラクター性は大事にしたいと思って描いているので、エキセントリックな部分もちょいちょい拾ってるんですが、テイストを感じていただけたら嬉しいなあと(^^;)

この回はドミニックことエリクも、地道に(?)お仕事をしています。

3巻CMページはこの回のラストページが丸ごと使われていますが、編集さんGJ!

完全にお互い気を許してはいないけれど愛はある。
愛はあるのに、信じ切れなくて心のすべてを預けることができない。

そんな空気が表現できていたら大成功なのですがいかがでしょう?(^^;)

そしてこの次の11回、「カリオストロ伯爵夫人」を描くなら個人的にここははずせない!とこだわった箇所の多い回でもあります。

| お仕事情報 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nextstreet.blog17.fc2.com/tb.php/53-c5874b37

PREV | PAGE-SELECT | NEXT