FC2ブログ

よろず徒然雑記

日記とかいろいろ気の向くままに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今さら上等!「ルパン・エチュード」11話

OP11宣伝JPEG

というわけで【ルパン・エチュード】11話です。
先日、11月16日に配信開始されたのは12話です。
つまりひとつ前の回です(>_<)

クラリス久々の登場でした。過去形です。
11話配信は9月でしたからね(^^;)

男爵家のワンコ、シャルルですが、シャルルというのはカールのフランス語読みです。
三世の方のアニメ映画、「カリオストロの城」でクラリスが飼ってた犬がカール。
と、いうことで、シャレというかオマージュなんですが、きっと誰も気がついてくれないので自分で言っておきます(笑)

ドミニック(エリク)がクラリスの屋敷に潜り込むのは原作準拠で公式なんですが、何分細かいネタを拾っているヒマが無いのが残念(>_<)
この回、めずらしく(?)ルパンも最初から最後までまじめです。

前回からの流れでギクシャクしているジョジーヌとルパンですが、原作でもこの辺りは空気が重い感じです。

数ある「アルセーヌ・ルパン」譚の中でも恋愛要素濃厚な「カリオストロ伯爵夫人」ですが、熱烈な恋に落ちる瞬間から失望から愛憎から未練に絶望、身勝手さ、と、恋愛につきものの感情アップダウンかなりリアリティあります。

終わりを予感しているだけに燃え上がる愛とか、もうちょっとがっつり描きたかった!(こればっかり)

「カリオストロ伯爵夫人」描くならここは外せない!と言ってたのもまさにこの辺りで、
色恋に完全に流されているようで、どこか冷めた視点も持ってる。愛情と不信、ジレンマとやるせなさ、すれちがい。

「何も考えないないことにしましょう」前後の流れは絶対に描きたいポイントでした。
ここはちゃんとお互いに愛がないとつまらない!愛があるから余計にやりきれない。

正統派ヒロインはもちろんクラリスでしょうが、ジョジーヌもやっぱりヒロインだと思うわけです。

おいおい宝探しはどうなったんだよ、と、冒険譚を期待して読むと完全にのりそこなう「カリオストロ伯爵夫人」

ルブラン先生、もともと純文学畑の方なので、けっこうこういう人間ドラマ部分に持ち味が出ている気がします。
「カリオストロの復讐」などは顕著で、ミステリーとか冒険譚とかの文脈で読むと不完全燃焼の消化不良も仕方ないかと思うんですが、ヒューマンドラマとして読んでいくと、あの人間模様はかなり面白い。

話を戻して11話。

後半の舞台、デュクレールの洞窟にジョジーヌの手下がいるんですが、洞窟?と調べてみたら出てきました。
石灰の岩壁を掘って部屋をつくって、ファサード部分だけそれっぽく仕上げるようです。

http://jumieges.free.fr/troglodytes.html

これ、当時の人ならピンとくるのかな?少なくとも現代日本で文章だけだとこのイメージは出てきませんでした。

そして咲き乱れるキンレンカ。フランス語だとキャプシーヌ(カプシーヌ?)
フランスの花言葉は「燃える愛」だそうです!
19世紀、フランス花言葉の本なんかも出ててけっこう流行ったらしいので、もしかしたらルブラン先生の仕掛けかも知れません。

ちなみに11話ラストページで盛大に花びら舞っておりますが、キンレンカ、構造的に花びら散らないと思われます(^^;)
雰囲気重視の演出だと思って頂ければと!

明日は12話の予定。
やっとリアルタイムに追いつきました(^^;)

| お仕事情報 | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://nextstreet.blog17.fc2.com/tb.php/54-afc78977

PREV | PAGE-SELECT | NEXT